100日100話企画を終えてのこと。 #100日チャレンジ

   

実を言うと、あまりゴールの実感が無い。

とにかく再開1年以内に終わらせたくて、最後の方は複数更新していたから、気にかかることの方が多いのかもしれない。

こんな状態でも応援をいただいたことには感謝しかない。

きっかけは、jMatsuzaki氏のチャレンジだった。

私が注力していることの中に「脱・完璧主義」があります。細部まで完璧にやり遂げたいという気持ちが強まると、行動が鈍化するからです。「100日で1つを成し遂げようとするより、1日でできることを100回積み重ねる」ほうがずっと効果的なのです。

1日で新曲ができるのなら、1日で新作を書くことだってできるだろう(完璧を求めなければ)。

それならば、私にもできるように思ったのだ。

まさか1年かかるとは予想してなかったけど。

その頃私は興味本位で、ある創作講座に参加していた。

職業作家になることは諦めているのに、腕を上げたいと思うのは不思議だ。

趣味を極めるようなものかもしれない。

あるいは、作家そのものは諦めきれていないのか。

学生の頃は、800字くらいならその日のうちに仕上げることができた。

あれから10年のうちに、描写を粘る力が減って、ネタの種は増えたように思う。

その結果がこの100話なのだろう。

変わらないのは、記事を書くより物語る方が楽にできる、ということくらいだ。

今後のことは考えてないけれど、とりあえず記事の形式を揃えたい。

我ながら更新ばかりを考えていたので、ソースが結構荒れてるのだ。本文も読みづらい。

それと、自分でも気に入っている作品で、電子書籍を作ってみるのもありかとは思っている。

まずはスクリヴナーに慣れるところから(ry

最後に、企画を応援してくださった方々に最大級の感謝を。

PVがカウントされていくだけでも、くさらずに書き続ける力になった。

ありがとうございます。