『不可思議を少々』2版を作成しました&初版を購入された方にお知らせです。

   

拙掌編集『不可思議を少々』の2版ができました。
http://bccks.jp/bcck/148652/info

ブログでの連絡が遅くなり申し訳ありません。

内容

基本的には初版のときと変わりませんが、作品の追加にともない、一部収録順を変更しております。

また、「物書十二年録」として、2002年~2014年までの作品からそれなりに読めるものをピックアップしました。

古いものは高校時代の作品です。つたないですが個人的には気に入っていますので、ご笑覧いただければうれしいです。

詳しくは目次でご確認ください。

不可思議を少々

刀になりたかったサンマの話
嫁入りの夜
3日おきに潰れる食堂の話
どこまで落ちても退路なし
なお調理には8時間かかる
監視曰く、稚児趣味に今の河原は向かずと。
お狐様のつがい
だってみんなそう言ったじゃないですか
十二時の空腹
0時きっかりに鳴った携帯
年寄童、かく語りき
鎮めの儀式
寝顔に思案
いずれ混ぜられる物語の一端
ほしをさくねこ
知れぬ人、知らぬ名を呼ぶ

物書十二年録

ねこにゃ先輩の話。
飛び出した玉子

His Letter
白い器
くちにしたもの
I know that…
画家の家族
敏感な人の対策
ひと飼い
”彼ら”の帰還――They return
#twinovel4編
象の顔なんて見たくもないなんて言うわけにも行かない。
女二人、バーにて。
手をだすな。

初版購入の方にお知らせ

実はこちらの不手際で、BCCKSで編集すれば各電子書籍ストア側にも反映されると思っていましたが、それが一部以外できないことがわかりました。(後にBCCKS公式のヘルプにも追加されました)

BCCKSで購入された方はまだしも、2017年4月以前にamazonなどで購入された場合は、追加編集した分の更新はされないそうなのです。

せっかくご購入いただいているようなのに、ただただ申し訳ないばかりです。

そこで、2017年3月以前の初版を購入いただいた方のために、無料で2版(完全版)を配布することにいたしました。

こちらのリンクからダウンロードできます。

パスワードはあとがきの3段落目、頭から4文字です。

この度はこちらの不手際でお手数をおかけしてすみません。

新しくなった『不可思議を少々』もお楽しみただければ幸いです。

不可思議を少々』 飴乃ちはれ著