マウスコンピューターのWN1064を入手してセットアップするまでの吐き気と腹痛と七転八倒の話。

   

レビューではない、格闘記だ

開封の儀っぽい写真撮影はしたのですが、現在写真がアップロードできないのでレビューはありません。

そもそもWN1064自体、エディオン系列での限定品っぽいので、まあ見る人少ないんじゃないかなって……(そっと目をそらす)

ここでの本題は、この機体に行きつき、最初のセットアップをするまでの、光過敏持ちのストレス七転八倒物語です。

メインPCの画面異常がそもそもの始まり

シルバーウィークでの旅の途中、我が家のメインPCであるDuo11(通称Duoさん)のディスプレイに謎の気泡が発生しました。

気泡自体は小さなものだったので、しばらく様子を見ていたのですが、そのうち画面の右下と左下の明るさが、じわじわと侵食するようにおかしくなっていったのです。

これが暗くなる方向におかしいのだったらまだ無視できたのですが、特に右下が目を刺すような明るさになりまして……

日々人工灯の明るさをめいっぱい下げて暮らしている光過敏の私には耐えられないものとなり、Duoさんを修理に出しました。

店員さん曰く「戻るのは24日ごろになると思います~」とのこと。

要は2週間後ですね。2週間も自家用Windowsに触れられないとか耐えられませんでした。

あとコラボの都合もあったので、その場でサブPCを買うことにしたのでした。

エディオン広島本店の店員さんは親切です。

ある程度の知識がありつつ、人懐こい方向に親切です。かわいいおじさん好きには受けるかもしれません←

閑話休題。

もともとタブレットがほしかったのもあり、自分でもそれなりに情報は集めていました。

が、店舗の展示から絞り込むとなれば話は別。おまけにセール中なので、何があって何がないのかわかりません。

という訳で店員さんにつかまり(周回してると絶対つかまえにくる)、「Excelのマクロが動く機体」という条件であれこれ見せていただきました。

店員さんは大変親切で、セール品を中心にsurfaceからASUSまで複数の機体を触らせてくれました。

……その辺りから、私の胃はきりきりと痛みはじめました。

ストレス症状、しかし店員さんにではありません。原因は展示されている商品たち。

そう、ディスプレイの明るさのためでした。

私の光過敏症状は年を経るごとにひどくなり、今では外でスマホを見るために明るさを上げると、それだけでストレス性の胸やけを起こすほどです。

しかし電子機器好きの面もある私は、自分のその体質を完璧に忘れておりーー

結局、セール対象ではないけれど予算内だったWN1064に決めたところで、私の内臓は吐き気胸焼け胃痛下痢を訴えていたのでした。

(なお決め手はキーボードカバーをマグネットに沿って三角に畳むとディスプレイスタンドになるところだったとかげふんごふん)

もろもろを決める前に明るさの調整をさせてくれ(結論)

10日夜に持ち帰り(そのまま寝落ち)、12日朝からセットアップを開始しました。

まずは開封して撮影祭。いつか仕舞う時のことなどを考えて記録する面もあります一応。

コンセントにさして、電源入れて、さー設定すrうおまぶし気持悪っ?!

……自分でPC設定されたことのない方のために申し上げますと、買ったばかりのPCは明るさ最大で起動するようになっています。

そこからネット接続だのMicrosoftアカウントだの、ごく基本の設定をしていくわけですが。

この基本設定が終了するまで、画面の明るさはずっと最大のままです。

さらにマウスコンピューターの場合(?)、アプリの同期やらインストールやらの自動処理の間、画面の色がくるくる切り替わるおまけ付き……

いやそういうのいらないから序盤から画面の明るさ下げさせてくれないかな?!

結局おなかを下し食欲をなくし吐き気をこらえながら、ディスプレイの明るさを最小にできたのは約2時間後のことでした……

見えない視覚と同じように光過敏にも配慮がほしい

音声ガイドの必要な人には、設定の最初から使えるようになっています。

それがなければ設定がとても大変だから、最初からついています。

見えないこと、読めないこと、つまり必要な情報を得ることが難しい場合には、きちんと対応がされている。

ならば、必要な情報を安全に得るために、画面の明るさを最初に下げられるようにすることも、ユーザーへの配慮だと私は思うのです。

少なくとも、基本設定の前に明るさを下げられたなら、私は胸やけ吐き気腹痛を起こさずにすんだわけですから(なお自動処理中は画面をそむけた上でデスクの前を離れていますが、これデスクトップだとできないですよね)。

実は、これでも私はまだマシな部類なんです。

世の中には明るさ最小にしてさらに色温度調節しないと、目が痛くて画面見られない人もいるんです……

メーカーさん、できれば配慮お願いします……