【小説】二本を差す

   

武士の左腰に差す大小は、ゆうに四百匁を越える。
それは言わば米袋のひとつも腰に付けているようなものであり、鉄塊ゆえにずしりとくるその重さは、何よりも武士としての誇りを刺激した。
「うれしそうですねぇ、近藤先生」
若さと幼さの間を行くような声がころころ笑う。その腰にも二本が差されている。
「お前と違って俺は農家だ。百姓の俺が武士として仕えられる、これ以上のことはない」
「武家といっても名ばかりですよ」
ご存じのくせに、と少年は口をとがらせる。二十歳にもならぬこのどこにでもいそうな少年が、年端もいかぬうちから剣で大人を叩きのめし、師と仰ぐ近藤すら本気で立ち向かえば手玉に取りかねない達人だと誰が気づくことだろう。
「総司、無駄口はそれまでにしろ」
傍らから冷厳な声に諭され、少年が口を噤む。
御前にて藩士のひとりが声を上げた。
「松平様の御成である。皆の者、控えよ!」

相次ぐ激変に乱れる京の治安を回復し、将軍家茂の上洛を警護するために集められた「浪士隊」。
後の世に長く語り継がれることになる青年たちの、それが歴史の始まりだった。