マイナンバー通知カードを紛失、再発行の手続き体験談とちょっとした裏技の話。

シェアする

   

マイナンバー通知カードを無くしました。
古い財布と一緒に、あやまって捨てた線が濃厚です。
なぜ確かめなかったか……と悔いてもいまさらなので、再発行の手続きに向かいました。

20160925追記
これは自宅でなくしたことがわかっている場合の体験談です。
外でなくした場合は別の手続きが必要になることもあります。
詳しくはお住まいの役所でご相談ください。

マイナンバー通知カードの再発行に必要なもの

  • 住民票のある役所への往復と手続き分の時間(手続自体は30分程度)
  • 身分証明書(私は運転免許を使いました)
  • 再発行手数料500円
  • 印鑑(なくても可)

マイナンバー通知カードの再発行は、自身の住民票がある役所で申請します。
開いている時間に行かないとならないので注意しましょう。
受付そのものは総合案内でたずねれば、すぐに教えてもらいました。

受付でやること

  1. マイナンバー通知カードをなくしたこと、その理由を話します。
  2. 身分証明書を受付の方に渡します。(コピーして返されます)
  3. 「マイナンバー通知カード紛失届」を書きます。
  4. 「マイナンバー通知カードの再発行申請書」を書きます。印鑑はここで使います。
  5. 書類を受理された後、3週間~1か月前後で新しい通知カードができることを説明されます。
  6. 再発行手数料500円を払います。

太字に注目。通知カードの再発行にはそれなりに時間がかかるようです。
私はここで焦りました。
会社に出す書類のために、できるだけ早くマイナンバーが必要だったからです。
(そもそもこの書類がなかったら通知カードなくしたことに全然気づかなかった)

今すぐマイナンバーが必要な時の裏ワザ(有料)

会社に説明すんの嫌だなー、と考える私を察してか、受付の方が裏ワザを教えてくれました。

住民票の写し(300円)を請求すれば、そこに個人番号(=マイナンバー)の記載があるというのです。

私はその場で住民票請求の書類も書きました。勤務先提出のため、という理由で行けました。
住民票(の写し)の受け渡し場所は別だったので、300円は受け取るときに払いました。
なお、場所によってはマイナンバーの記載がないこともあるそうなので、「個人番号」の項目を確認してから受け取りましょう(と受付の方に言われた)。

ともあれ、会社の書類に無事マイナンバーを記入して提出することができました。
来年度からは、確定申告にもマイナンバーが必要ですし、気をつけないといけませんね。

おまけ

紛失届と再発行申請書には、それぞれ届けを出す理由を書く欄があるのですが。
受付の、メガネをかけた小柄なお爺さんの前で「掃除の際にあやまって捨てた」と理由を手書きするのは、何となく恥ずかしかったです。
教頭とか校長とか、御歳の先生っぽかったからだろうか……

シェアする

フォローする

スポンサーリンク