ポメラ購入支援CFをしていたらポメラ本体の購入者が現れた。

これまでの話

20180430 23時追記 ポメラ本体を購入いただいたため、クラウドファンディングもどきを終了し...

要約:金欠のさなか、執筆の相棒であるポメラが壊れたので買いなおすための支援を募集したら、ポメラ本体(約35000円)を贈ってくださった人が現れた。

当時の状況

支援者Aさん「1000円支援したのでリクエストのメールしますねー」

飴乃「はーい。メールチェックしよ……ん? 2通来てる?」

支援者Bさん「ブログ見ました。ポメラを送ります。リクエストはいいです」

飴乃「……ほわっつ?(思わず英語)」

小説リクエスト用のリスト(現在は非公開)を見れば、確かにポメラ本体の姿が消えています。

とりあえず混乱する頭でできる限り丁寧なお礼メールをさせていただきました。

知り合いならゴリ押しでお礼小説書かせてもらうんですけど、初対面の方だったんで押せなかったんですよね。

礼はいらねえぜ、で35000円……もう書き続けるくらいしか感謝の方法がない……

本当に届きました

支援された3000円分のギフト券の使い道

さて、本体購入者が現れたため、他で支援いただいていたギフト券が余ってしまいました。

SS3作、3000円分の支援をいただいたんですよね、ありがたいことに。

これは私の創作活動を支援していただいたのだと解釈して、以下のものに使わせていただきました。

ポメラの画面保護シートと

新紀元社の『現代知識チートマニュアル』です。

しめて3112円。

足が出た分は私費でまかないました。

新紀元社の資料本はなかなかセールをしていないので、ちょっとずつ買いそろえたいと思っているところでした。

雑学本の参考図書になるような本が多いことで有名なんですよ、新紀元社。

異世界ファンタジーを書いていると、幅の広い知識の不足を痛感するので、分野ごとに一冊にまとまってる本はありがたいんですよね。

まあいずれモーニングスター大賞とって全巻そろえるんだけどな!(しまう場所は後で考える)

ご協力ありがとうございました

今回のことは本当に思いつきで、形になったのはみなさんの後押しがあったおかげです。

企画ができるまで応援をいただいたり、昔のnoteを買っていただいたり、様々な支援をいただきました。

ご協力くださって、本当にありがとうございます。

ポメラの第一作は、イカイの契約者第55話の予定です。

それまでの話を読み返しつつ、お待ちいただければ幸いです。

召喚オークションによって突然異世界に飛ばされた佐藤梨々は、と// 無料オンライン小説です

フォローする

スポンサーリンク