カクヨムのエッセイコンテストに落選してスッキリしたので改稿を始めます。

   

正確には「エッセイ・実話・実用作品コンテスト」でした。

エッセイ・実話・実用作品コンテスト最終結果発表!
困っちゃいるけど、で止まってしまう、私の「同類」たちへ。

企画としてはいいから本にしないか、と言われない限りは、改稿して自己出版しようかと考えています。

後半に行くほど迷走してきているのが自分でもわかるので、まずは全体で何が言いたいのか固めるところからですね。

それにしても、公募は計画的に、というのを改めて感じました。

勢いで突撃しても、構成やらネタの一般性やら文章運びやらで負け負けになってしまう。

今回で、選考に周辺情報が加味されているのも明らかになりましたし。

頑張りが足りなかったな、というのは反省点です。

一方で、執筆中に評価や感想を受けられる、というウェブ公募の形態は面白いものでもありました。

評価やレビューはもちろん、読んでいただいた証でもあるPVもありがたかったです。

それが経験できただけでも、参加してよかった、と考えています。

本にできるだけのテキスト量もできたし!(笑)

作品への応援、本当にありがとうございました。

ちょいちょい読み返しながら早速くじけそうなんですけど(;・∀・)改稿頑張ります。

フォローする

スポンサーリンク