【100日100話】065 3日おきに潰れる食堂の話

   

3日おきに潰れる食堂の話

その食堂は3日おきに潰れるのだと常連の間で有名だった。
味はすこぶる美味いのだ。ひらひらと味わい尽くす者も、せっせと持ち帰る者もいる。近所に住まう女王様だってお気に召す。
ただ、店のある場所が悪かった。
客が集まらないというのではない、むしろ客通りは多い場所だ。しかし客が多いだけでは、良い環境とは言えなかった。
その土地では、3日おきに店が忽然と消されるのだ。嵐があったわけでなく、地鳴りが起こったわけでもない。晴れ渡った日々の中でさえ、店は突然全てを失うのである。
それでも店は柱をのばし補強して、何度でも料理を作り上げる。そうして少しでも利益を得ようとがんばるのだ。実入りがあれば、店は何度でも、何代でも続けていけるから。
こうして、時に文字通り根こそぎの目に遭いながらも、店は営業を続けている。そして常連客達は世代を変えながら、3日おきに隣のハタケと呼ばれる場所で店探しをくり返すのだった。

「なっ、まーたこのひっつき虫繁ってやがる!」
「とっとと刈ろうぜ、日が経つと茎が鎌を弾いちまう」
「まったく、畑に半ヘクタールも広がられちゃ、こっちの商売があがったりなんだよなあ」

——————————

今日のお題は「せんだん草」です。
せんだん草がひっつき虫のことだって今回初めて知りました←
沖縄では「サシ草」と呼んで、はちみつの原料になることが多いようです。

スポンサーリンク