【ポメラCF用SS】指先はしっている

   

 幼い頃、私はとても素敵なお兄さんと出会ったことがある。

 ミモザの花が黄色い房をいくつも作るその陰で、白いシャツに黒いジーンズをはいた、細いつり目のお兄さんは、小さな私にはひどく大人に見えた。

 どんな話をしたのかはわからない。ただ、彼の最後のひと言だけが、深く私の中にしまわれた。

「君が一番美しくなった頃に、また会いに来るよ」

 そう言って、彼はディズニー映画の王子様のように、うやうやしく私の指先にキスを落としたのだ。

 お姫様に憧れていた私にとって、それは一生を決めるにふさわしいひと言だった。

「お誕生日おめでとうございまーす!」

「明日よ、明日」

 苦笑を浮かべて見せつつ、スタッフからの花束を受け取る。たっぷりとしたミモザの花束は、それだけで特別な華やかさを持つ。

 心身の美しさを目指して、いつしかトータルコーディネーターになっていた私は、彼に出会えないむなしさを抱えながら、四十の誕生日を迎えようとしていた。

 仕事は順調だ。友人関係も申し分なく、スタッフにも恵まれている。

 恋人はいないのか、と下世話な詮索を受けることもあるが、仕事に打ち込む独身女性は、ありがたいことにそう珍しくもない。

 それに、言い寄ってくれる人はいる。「ミモザのお兄さん」の話をしてさえ、笑って受けとめてくれる人が。

 ……もう、いいか。

 帰り道、ふいにそう思った。

 あれはきっと、幼い日に見た幻のようなもの。

 当時大人に見えた「お兄さん」が、実際いくつだったのだとしても、今では老年にさしかかっていることは間違いない。

 それはそれでナイスミドルになっているだろうけれど、その先を考えるには、あまりに年を取りすぎている。そう、お互いに。

 もう二度と出会うことがないとしても、彼のひと言は私の人生を変え、生きる道を支えてきた。
 十年前なら振り回された、と言っただろうが、今はただ感謝だけがある。

 今の私を作ったのは、彼の言葉と私の努力だ。

 そう認めることが容易になったのは、やはりこの年齢だからだろうか。

 帰り道の途中にある花屋にも、ミモザの花がこぼれるように咲いている。

 その様を浮き立つ気持ちで見ていると、足元に何かがまとわりついた。

 ――なぉん

「あら、猫さん」

 お腹だけ白い黒猫が、私の足に体をこすりつけている。

 しっぽをピンと立てているのは、確かご機嫌の証だったろうか。

「食べ物の匂いでも付いたのかな……ごめんなさいね、今何もないのよ」

 そっと押しのけようと伸ばした手に顔が近づき、指先にやわらかなものが触れる。

 ――覚えのある感触だった。

*****

こちらは、ポメラ購入のためのクラウドファンディング(もどき)企画にて、リクエストをいただいたものです。

詳細

https://chihare-ameno.com/blog/pomera_cf

リクエストは、「猫とミモザをお題に、現代日本を舞台にした少し不思議SS希望。登場人物は15歳以上60歳未満で」でした。
ご支援いただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク